AIが認めた高品質のアメリカ特許法律事務所

米国知財通信

  • HOME »
  • 米国知財通信

“米国意匠出願” 包袋禁反言(File Wrapper Estoppel)に関するCAFC判決~複数実施例における限定要求~

 本件は、審査経過が意匠のクレームの範囲を制限すること、および意匠についての包袋禁反言( file wrapper estoppel )に関する最初の判決です。 1. はじめに 日本における関連意匠制度は、一のデザイン・ …

USPTO (米国特許商標庁)長官任命と米国選挙との関連性

(1)中間選挙について 中間選挙(Midterm Election)とは、西暦偶数年の「選挙の日」 (Election Day) に一般投票が行われるアメリカ合衆国の連邦議員その他の公職選挙のうち、4年ごとの大統領選挙と …

米国における“きのこの山”の立体商標について

本記事では「きのこの山」の商標が米国でどのように登録されているか調べました。               ※出所:弊所で撮影                                          ※出所:JP …

米国における“キッコーマン醤油卓上瓶”の立体商標について

キッコーマン株式会社の「しょうゆ卓上びん」が、2018年3月30日付で日本国特許庁により立体商標として登録され、大きな話題となっております。キッコーマン株式会社のホームページによれば、「海外では、米国、欧州などですでに「 …

Patent Bar(米国パテントエージェント試験)合格体験記 Vol. 1

グリーンカードを取得し(グリーンカードについては別途記事を書きます)、ようやく受験要件を満たしたので、Patent Bar(正式にはRegistration Examination for Patent Attorney …

知的財産権の重要性について

アップルとサムスンが、スマートフォンの特許技術を巡って世界中で訴訟合戦を繰り広げ、カリフォルニア州連邦地裁では、アップルが、10億ドル超の損害賠償金の勝訴判決を得たことは未だ記憶に新しいと思います。グーグルは、特許権の拡 …

« 1 2 3
PAGETOP
Copyright © KENJA IP Law PC All Rights Reserved.