AIが認めた高品質のアメリカ特許法律事務所
米国知財通信
  • HOME »
  • 米国知財通信 »
  • 特許

特許

USPTOの新運用(First Action Final Rejection)

今年の6月にUSPTOがMPEP(Manual of Patent Examining Procedure; 特許審査基準)の改訂を行いました。第700章に100超の変更が加えられておりますが、706.07(b)の改訂に …

USPTO手数料の改定(値上げ)について

 2020年8月3日官報(Federal Register / Vol. 85, No. 149)にて、2020年10月2日より、米国特許商標局(USPTO)に対して行う手続の手数料(Official Fee)が改定され …

在宅勤務時のUSPTO提出書類への署名について(S-signatureのすすめ)

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、米国の多くの州では自宅待機命令が発せられております。弊所のあるカリフォルニア州サンタクララ郡においても、5月3日(暫定)までのShelter-in-place(屋内退避)命令が出てお …

話題の“おにぎりロボット”って何??~Onigiri (rice balls)~

1. はじめに アメリカのイベント「SXSW(サウスバイ・サウスウェスト)[1]」にて、パナソニック社のおにぎりロボット「OniRobot(オニロボット)[2]」が話題となりました。     &nbs …

ディズニーの“ドナルド・ダック”が先行技術文献??!~The “Donald Duck as prior art” case

―非特許文献データベースにおける先行技術発見の重要性― 出所: The Sunken Yacht  © 1949 Walt Disney Corporation. Ⅰ.はじめに 先行技術文献には、公開特許公報等 …

シリコンバレーにおける人工知能(AI)プレイヤーと、AI 時代における知財動向について

Ⅰ.はじめに 本記事では、シリコンバレーにおける人工知能[1](Artificial intelligence:以下、AIという)のビックプレイヤー(Google, Apple, Facebook)について紹介すると共に …

QPIDS及びAFCP2.0の利用可能期間について

9月28日付で、以下の2つの時限パイロットプログラムについて、USPTOから利用可能を延長した旨の発表がありました。 1.Quick Path Information Disclosure Statement (QPID …

PAGETOP
Copyright © KENJA IP Law PC All Rights Reserved.